界面活性剤や頭皮に悪い成分は入っているのか

薬用プランテルを買うべきかどうか迷ってる方もおられます。
それは、薬用プランテルの中に界面活性剤が入ってると思うからです。
実際はどうなのでしょうか?
今回は、薬用プランテルと界面活性剤の関係について調査しました。

 

薬用プランテルには界面活性剤が含まれている

 

界面活性剤といえば、安全性が確認されていない化学物質だといわれていますが、薬用プランテルの中にはこの界面活性剤が含まれています。
したがって、この界面活性剤の影響でなんらかの副作用が起こる可能性はあります。
どんな副作用かというと、頭皮のかゆみやフケといったものです。
もちろん、これらの症状が全て界面活性剤で起こるとは限りませんが、界面活性剤が原因で副作用が起きる可能性があるのは確かです。
したがって、薬用プランテルを使って副作用が起きたとしても不思議ではありません。
一方、薬用プランテルは頭皮環境を改善するために作られた育毛剤であることを忘れてはなりません。
研究者や開発者としても当然界面活性剤の影響を考慮して成分配合を行っていますし、安全性についても十分な配慮がなされています。

 

薬用プランテルは自然由来の成分にこだわっている

 

薬用プランテルに界面活性剤が入ってることは確かですが、しかしその一方、薬用プランテルは自然由来の成分にこだわってもいます。
主成分のセンブリエキスはその象徴となっていますが、こちらはセンブリという花から抽出された自然由来成分です。
その役割は、血流促進と毛入頭細胞の増殖・・つまり育毛効果を高めるということです。
他にも、薬用プランテルにはセンブリエキスのような育毛効果を上げる成分が多く含まれているのです。
そして、育毛効果があるということは、その成分が頭皮環境や毛髪細胞の状態を良くしてくれる成分だということです。
このことを考えると、多少の界面活性剤が入っていたとしてもそれほど不安になる必要はありません。
むしろ、薬用プランテルの優れたメリットに目を向けるべきでしょう。